初めてでも安心!ホットヨガレッスン

発汗量が大量になるホットヨガのレッスンの時にはタオルも多めに持参を

トップ > ホットヨガのレッスン情報 > 発汗量が大量になるホットヨガのレッスンの時にはタオルも多めに持参を

発汗量が大量になるホットヨガのレッスンの時にはタオルも多めに持参を

普通のヨガとは発汗量が格段に違うのが、高温多湿の中で行うホットヨガのレッスンです。
毎回のレッスンの時にはタオルを持参しますが、1枚だけではなく、使い分けができるように数枚持参すると便利に利用ができます。
枚数としては3枚は用意しておきたいのは、使うタイミングがそれぞれ違うためです。
まずはすでに温度も湿度も高く設定されているスタジオに持ち込み、レッスン中に汗を拭くためのタオルを1枚は用意することです。
レッスンを終えてみると、かなりの汗が流れているので、レッスン後にスッキリ汗をぬぐえるタオルも1枚必要です。
さらに発汗をスッキリと洗い流せるようにシャワーを浴びるので、水分をふき取るためのタオルも用意をします。
単純計算では3枚ですが、もっと多めの枚数があっても重宝をします。


ホットヨガのレッスンには初心者向けから上級者向けまで、スタジオによってあらゆるコースが用意をされています。
発汗量も多く爽快感も感じられるホットヨガですが、生理の時にはあまり張り切り過ぎないことです。
生理の時でもスタジオでホットヨガをすることが出来ますが、いつもよりもデリケートな期間ですから、普段は平気なことも身体に負担になります。
ハードなメニューを選ぶと、生理痛なども手伝って体調を崩すことがあるので要注意です。
あえて生理の時に選びたいのは初心者向けのコースであり、初めての人でも気軽にできる優しいプログラムが組まれているので、生理中でも身体に大きく負担がかかる心配がありません。
レッスン後には汗を洗い流しますが、生理中ということもあるので、周りの人に迷惑の無いように気を付けることも必要です。


快適にホットヨガのレッスンをするためにも、ウェア選びをする時には、きつく締め付けがないタイプを選ぶことです。
ボディーにフィットした柔軟性がある素材は良いですが、まるでガードルのような締め付けが強い服装を選ぶと、レッスンを受けていても気分が悪くなることがあります。
環境は高温多湿であり、水分補給を行いながら無理のないポーズを行いますが、洋服で締め付けられると体はリラックスができません。
ホットヨガをするとポカポカと芯から温まるのを感じますが、その影響で血流が良くなりますし、リンパの流れも改善をされています。
せっかく順調に体内の巡りが良くなろうとしているのに、衣類に締め付けの強い種類を選ぶと、その効果を活かしきれません。
動きも締め付けにより、大幅に制限をされるので、素材は伸縮性の良さを重視することです。

次の記事へ

カテゴリー